-

プラネタリウムイベント開催しました!

 

久しぶりの更新です。

 

昨日、愛知教育大学の天文愛好会の協力の下、プラネタリウムイベントを行いました。

 

まずは参加してくれた生徒と保護者の皆さま、ありがとうございました!

 

日曜日で足元が悪い中、よく来てくれました。

 

そして今回の企画の中心となってくれたあおぞら個別指導学院講師のT先生、またその愛好会メンバーのAさんありがとうございました。

 ------------------------

まずは机とパーテーションを外に出して会場を即席でつくります。

そして何をしたかと言いますと

 

まずは「4次元デジタル宇宙ビューワー」のMitakaを使用して金星や月食について解説しました。

 

参加した生徒らに逐一質問して答えてもらう授業形式の講義となりました。

 

いつもは個別指導なので手を挙げて答える事がない生徒たちが積極的に手を挙げてくれたことには正直感動しました。

 

意外な一面を垣間見る事ができました。

 

Mitakaだけでは分かりにくい事がらについてはホワイトボードを利用して解説するなど工夫をしました。

 

Mitakaは正直かなりリアルに宇宙空間を体感することができます。

 

オキュラスリフトで体験できたら最高なんだろうな〜と思っていました。

(オキュラスリフトをそもそもやったことないのですが)

 

そして地軸の歳差運動や金星の公転軌道に対して接戦を引いた位置に金星があるとどういう見え方をするのかを見てもらいました。

 

5000年後や1万年後の宇宙を知れるなんて本当にこのソフト、すごいんです。

 ------------------------

 

 

次に自作プラネタリウムを教室いっぱいに設置しての観賞会です。

 

教室内にサーキュレーターで空気を入れた大きな自家製のビニールテントを作りました!

圧巻です!

 

イベント一番の盛り上がりを見せました!

「誰かまず入れ!」

 

「いやまずはお前やろ〜!」など鉄板です。

生徒がいるのに教室内の電気を全て消すなど初めてです。

 

そしてプラネタリウム内ではまた星座や宇宙の神秘についての熱い解説が始まりました。

 

生徒らは真剣な眼差し(暗くてあまり分かりませんでしたが)で聞き入っておりました。

 

 

今回のイベントは受験生にとって勉強にもなる上、宇宙について一般的な興味を持ってもらえたらという想いで開催しました。

 

その目的が達成できたかは分かりませんが、いつの日か今日のことを思い出してもらって宇宙のことを考えたり本を読んでもらえたら

と思います。

 

それでは。

 

-

スタスケで学習の管理をする!

 

夏期講習受講の特典の一つに今回は「夏休み学習スケジュール」を作成するというものがあります。

 

そして何とか夏休み前に間に合いました!

 

名付けて「スタスケ」。

 

何となく何の省略が分かりますよね〜。

 

すぐ分かってしまいそうで恥ずかしいですが発表します!

 

 

・・・。そうです。

 

「スタディスケジュール」

 

略して

 

「スタスケ」。

 

制作に約2週間かかりました。

 

内容も当学院専用にカスタマイズしております。

 

これを夏期講習受講生にはしっかりと書いてもらいます。

 

夏休みの学習全体を管理・記録そして成績アップ実力アップを実現してもらいます。

 

こちらは塾生でなくてもあっても「夏期講習受講生」限定です。

 

と言いますのはこちらは夏休み限定で記録してもらう「学習スケジュール」だからです。

 

これまで様々な記録用紙を試してきましたがここまで時間をかけたものは他にございません・・・。

 

はっきり言ってここまで生徒の事を考えて作られた「学習スケジュール」は他に存在しないと確信しております。

 

「スタスケ」を当学院の夏期講習の合い言葉にいたします。

 

「スタスケ」を付けることが夏期講習の受講要件となります。

 

夏期講習の本格スタートまであと少し。

 

気合いを入れて準備します。

 

-

期末テスト時事予想問題!

 

期末テストが始まりました。

 

高校生の生徒の最後のテストが終わるのは7月の頭になるのでそこまで長いテスト期間が始まりました。

 

あおぞら個別ではテスト毎に社会で出る「時事問題」の予想問題を作成して生徒に配布します。

 

 

今回のはこれ。

 

 

 

それから当学院ではテスト毎に全ての生徒と「目標設定面談」を行っております。

 

これはテストのたびにまず今回のテストの「目標順位」と「目標得点」を一緒に決めるためです。

 

本来、これは生徒個人がやればいい話なのですが今の生徒は自分ひとりで決められない傾向にあります。

 

ですから「目標設定」を一緒に行います。

 

明確な目標を持たずにテストに突入してはテストでいい得点を望めませんし、順位がアップするとは思えません。

 

まずは明確な「目標」を持たせてから計画作りをしていきます。

 

かくいう私も毎回、明確な目標があったかと問われたら「Non」です。

 

はい。

 

だから塾生もいいよ〜、とはなりません。

 

保護者の方から信頼関係のもとで生徒を預かっているのです。

 

塾生には絶対に明確な目標設定をしてもらっております。

 

ですからこれからもテストのたびに毎回行います!

 

では。

 

-

愛知私立大学展

 

昨日、ウィンクAICHIで開かれておりました愛知私学大学展に行ってきました。

会場は高校生と私学の広報担当者の熱気で少々暑かったです。

 

 

 

すごい人です。

 

 

そしてパンフレットコーナーが部屋の一番奥にあるのももはやお約束ですね。

 

簡単には取らせてくれません。

 

 

 

必要な大学のパンフレットを取ったら袋がパンパンになる事態に。

 

少々重いですが仕方ありません。

 

私のマイバッグも推定10キロありましたので両者合わせて20キロくらいになってました。

 

生徒諸君、今日から塾で閲覧できますのでしっかりチェックしていってください!

 

それでは。

 

-

あるブログの記事について。

 

先日、営業の方と打ち合わせをしていた時です。

 

「実は今、私の友達が就職活動をしてましてその友達が塾でアルバイトをしておりまして・・・」

 

「それで就職活動にアルバイト時代のエピソードをどうアピールすればいいか相談されたのです・・・」

 

「それで私はあおぞら個別指導学院の片桐先生のブログのある記事を薦めたのです!」

 

 

保護者からのあるご相談(英語編)

 

これ↑。

 

その友人に薦めてくれたとのことです。

 

今までブログに関してこのようなことを言われたことはほぼなかったと思います。

 

たまにブログの記事が「熱かった」ね、と言われることはありましたが。

 

今回も何か「熱」があったとおっしゃっていただきました。

 

 

確かにあの記事を書いたのはその日の「熱い」気持ちが冷めきらない深夜でした。

 

自分としては冷静に書いているつもりですが何となく「想い」は伝わるのですね。

 

嬉しかったです。

 

営業の方がしっかりと読んでいただいていたということも正直びっくりです。

 

営業経験が皆無の私には分かりませんが、今はクライアント先のブログも当然営業ツールの一つになっているのでしょう。

 

それでも今までほぼ言われなかったということは

 

記事内容が正直つまらない、またはそもそも関心がないということでしょう(自虐的です)。

 

 

今回の嬉しい一件を機会に「見ている人は見ている」という当たり前の事実を深く意識して書いていこうと思いました。

 

それでは。

 

 

 

 

 

-

明日は公立高校の合格発表!

 

ついに明日ですね。

 

愛知県公立高校の合格発表の日です。

 

私も緊張しております。

 

塾生のS君も「とてもとても緊張している」と語っておりました。

 

そこで私は

 

「たとえたとえだよ。良くない結果が出たとしても大したことではないと思うんだ。ていうかそう思えるかが大切だと思うよ。」

 

かくいう私もこれまで様々な合格発表ではそんなことを考える余裕などなかったのですけれど。

 

そうなんですよね。

 

いくら外野が色々と話そうとも本人はドキドキしていますのでそんなことを真剣に考える余裕などほとんどないのです。

 

でも今は本当にそう思います。

 

たとえ良くない結果でもそれで人生が決まるわけではないですし、もしかしたらその結果の方が長い人生を振り返った時には

良かったかと言えるかもしれません。

 

誰も未来は分かりません。

 

そう思えるかが大切なんですけどね。

 

まあ合格できればそれが一番であることは確かです(現時点では)。

 

それでは。