→ 「あおぞら個別指導学院のホームページ 

久しぶりの新記事。

今日は、明日推薦入試を迎える高3生のNさんの面接対策+プレゼンテーション対策を午前から午後にかけて行いました。

プレゼンも小論文もここ二ヶ月近く真剣に対策を練ってきたNさん。

今回、10月中旬から小論文を見てほしいと言われ授業の始まる前に小論の添削と改善点などを伝えてきました。

最初は、小論文もいろいろと直すところがありましたが、今ではすっかり自分の形を確立し「ほう〜。そこまで書けるようになったんだね〜。すげえな。」と感心するようにまで。

当時の自分より上手やな・・・とも。


本当に高校生というのは短期間で成長するものだなと感動すら覚えます。

短期間でも真剣に取り組んだからこそいろいろなものを得る事ができるし自分の血となり肉となるのですね。

今日のプレゼン練習でも頭と結を手直しし(前日で大丈夫なんか!)模擬面接(私が面接官役)でもダメだしをたっぷりとしてあげました。

それでも何を聞かれるか分からないのが面接です。

もう一度自分が何を大学で学びたいのか、その後どうしたいのか真剣に考え、まとめる(前日で大丈夫?)ように伝え送り出しました。

自分を信じ、ぶれずに自分の考えを誠実に伝えればきっと夢はかなう!

今のNさんの力を普通に発揮すれば絶対合格できる!合格しないはずがない!

うん。