冬期講習の問い合わせをいただいております。

 

その中で気になったことをまとめておきたいと思います。

 

「復習をしてくれるのでしょうか?」という定番の質問です。

 

夏期講習と冬期講習は復習をメインに行います。

 

1、2学期に習ったことの復習なくして3学期の学習を進めるわけにはいかないからです。

 

どんなに好成績を取っている生徒でも少しずつ忘れていくことはあります。

 

それをこういった長期休暇にもう一度しっかり定着させる必要があるからです。

 

数学の基礎概念や計算方法などは忘れてはこまるのですが、理科や社会の用語などは

自然と忘れていくものです。

 

それが普通だと考えます。

 

ですから復習が大切なのですね。

 

それも個別指導ではその生徒に合わせてさかのぼります。

 

どこまでもさかのぼります。どこまでも、どこまでも。

 

ただしどこまでもさかのぼるのは基本的に長期休暇に限ります。

 

通常授業では学校の進度を常にチェックしならが学習を進めていかないとテストで点を取ることが

できないからです。

 

まとめますと、徹底的に復習にこだわります。

 

それも基礎基本を完全に理解してもらうような指導をいたします。

 

完全な理解(完全というのも曖昧な表現ですが)があれば少々忘れてもすぐに思い出すことが可能だからです。

 

理解のない暗記ではいずれ困るときが来ます。

 

それでは真の学習とは言えないと考えます。

 

徹底的に「理解」にこだわります。

 

点数だけを伸ばすための理解を伴わない問題演習の繰り返しではいずれその子の限界にぶちあたると考えるからです。

 

冬期講習に関して何かご不明な点がございましたらお気軽にお電話いただけたらと思います。

 

それでは。