現在、期末テストまで3週間前になりました。

 

当塾のテスト前恒例の企画です。

 

私がテスト前の中学生、高校生に対して生徒一人一人と個別に面談をします。

 

名付けて「目標設定面談」。

 

長いタイトルですがそのままです。

 

まずは目標設定をしてもらいます。

 

先の中間テスト前にも行いました。

 

そして中間テストの結果が目標に達していたのか今回の面談でも確認いたします。

 

達成できたのはどうしてか?または達成できなかったのはどうしてか?

 

まずは前回の成果と反省を生徒から聞き出します。

 

 

そして本題の期末テストの目標順位または目標偏差値、目標合計点数を決めてもらいます。

 

その際、あまりに現実的でなかったりもうすでに達成している点数であれば修正させます。

 

目標は、その生徒があがいてもがけば何とか「達成できる」目標がベストです。

 

目標がないまま何となくテスト週間に入り、何となく日々の計画も立てずに勉強してもこれまでと同じ結果になるだけです。

 

少しでも前回より良い結果を出すためにどうすればいいのか?

 

まずは生徒に意見を言ってもらいます。

 

そしてその後に私から「こうしたらもっと良くなると思うよ」と考えを伝えます。

 

決して上から「こうしなさい!」とは言いません。

 

まずは自分で考えてもらいたいからです。

 

それでも無理そうなら私が目標設定の仕方、日々の学習計画の立て方、テキストの進め方など伝えます。

 

大切なのは「結果があまり変わっていない人」は「前回までにやっていない勉強方法を何か一つやってみる」です。

 

トライアンドエラーです。

 

あまりに効果がないものは別として例えば「教科書には蛍光ペンやマーカー類で線を引かない(引くではない)!」とかです。

 

他には「次の日にやる内容を前日の夜に15分くらい必死で考えて決める」などです。

 

何でもいいです。今まで全くやってこなかったことです。

 

それが結果として良い方向に出れば次回もそれをやればいいだけです。

 

そんなようなことを「目標設定面談」では伝えております。

 

中間テストの結果が返ってきたばかりの生徒もいますが、もう期末に向けてスタートする時期です!

 

では。