将来の英語教育について最近はよく耳にします。

 

また日々の授業を通して感じるのは英単語習得の遅れから英語全体の理解が遅れていくという悪循環です。

 

英単語さえマスターすれば全てが丸く収まるほど甘くはありませんが、英単語が出発点であることも確かです。

 

 

今年は夏期講習期間に英単語に特化した「英単語暗記教室」を行います。

 

2学期のテスト週間に入った時期にも同様に行おうと考えております。

 

もちろんこれは通常授業にプラスして行うものですから通常授業に代えて行うものではありません。

 

現在、中学3年間で習う英単語の数は1,200程度です。

 

そして2021年以降は小学校で習得する単語は700程度と考えられています。

 

2021年以降の中学校では今の1,200から1,800程度まで増えると予想されています。

 

となると中学卒業時に習得する英単語の累積の語彙数は最大2,500程度となります。

 

 

現在の1,200の倍!

 

そんな無茶な・・・!

 

学校現場の先生や教育サービスを行う我々のような者であればこの数字がとんでもない数字であることを想像します。

 

 

なぜなら今でさえ中学生の半分程度は英単語習得に悩んでいるからです。

 

つまり2021年以降は英語力は2極化に向かうと私は考えます。

 

 

だから今から生徒らには単語を何としても習得して使える武器にしておかないとその先の高校、大学に進んだ時に

困るという認識を持ってもらいたいと思います。

 

英単語に特化した授業はそのためでもあります。

 

まず生徒の認識を根本から変えていく。

 

意識改革から行っていければと考えいます。

 

難しいことですが、少しずつでも進めていくしかありません。

 

では。