昨日、ある夏期講習受講生の保護者と面談をしました。

 

「夏休みももう終わりですが変化はありましたか?」

 

「はい。今までやる気がほとんどなかったうちの子供が『勉強してくる』と積極的な発言が増え、『分からなかった数学が分かるようになった』と言っていました!」

 

 

今までこの手の質問を何度も保護者には投げかけてきました。

 

しかしその答えは大体「少しやる気が出てきたように見えます。」や

 

「あまり自分から何も言わないので分かりません」でした。

 

今回の生徒のように保護者から見ても見違うほど「変化」を感じる場合はレアです。

 

 

塾では「夏期講習で頑張る意味」や「学習予定や学習記録を取る意味」など行動の意味をこれまで以上に丁寧に伝えるようにしております。

 

受験生といえども子供です。

 

なぜ今、頑張らないといけないのか分かりやすい言葉でその意味を伝える努力をしないと塾の意味がないと考えています。

 

 

保護者は子供にいちいち「意味」を伝えることはしませんよね。

 

私も親から「意味」を毎回聞くことはなかったです。たまに言っていましたが。

 

今回の生徒が「変化」したのは「分かる」ようになったからだと思います。

 

それほど「分かる」ということが子供たちにとって重要なことだということです。

 

塾ではすぐにテクニックなどを教えることはしません。

 

テクニックは基礎力、思考力があって初めて意味を持つと考えるからです。

 

この夏休みも私は生徒らに基礎力をつけるための「本当に必要なこと」を丁寧に説明し、解説してきました。

 

 

それらを生徒らが身をもって理解し自分の力として獲得してほしいと思っています。

 

それが来年の入試に合格するための実力をつける最善の方法だからです。

 

 

 

 

今回の保護者の言葉を聞いて本当に「良かった!」。

 

と同時にどの生徒も同じように「変化」させないといけないと気を引き締め直しました!