-

英単語暗記教室

 

将来の英語教育について最近はよく耳にします。

 

また日々の授業を通して感じるのは英単語習得の遅れから英語全体の理解が遅れていくという悪循環です。

 

英単語さえマスターすれば全てが丸く収まるほど甘くはありませんが、英単語が出発点であることも確かです。

 

 

今年は夏期講習期間に英単語に特化した「英単語暗記教室」を行います。

 

2学期のテスト週間に入った時期にも同様に行おうと考えております。

 

もちろんこれは通常授業にプラスして行うものですから通常授業に代えて行うものではありません。

 

現在、中学3年間で習う英単語の数は1,200程度です。

 

そして2021年以降は小学校で習得する単語は700程度と考えられています。

 

2021年以降の中学校では今の1,200から1,800程度まで増えると予想されています。

 

となると中学卒業時に習得する英単語の累積の語彙数は最大2,500程度となります。

 

 

現在の1,200の倍!

 

そんな無茶な・・・!

 

学校現場の先生や教育サービスを行う我々のような者であればこの数字がとんでもない数字であることを想像します。

 

 

なぜなら今でさえ中学生の半分程度は英単語習得に悩んでいるからです。

 

つまり2021年以降は英語力は2極化に向かうと私は考えます。

 

 

だから今から生徒らには単語を何としても習得して使える武器にしておかないとその先の高校、大学に進んだ時に

困るという認識を持ってもらいたいと思います。

 

英単語に特化した授業はそのためでもあります。

 

まず生徒の認識を根本から変えていく。

 

意識改革から行っていければと考えいます。

 

難しいことですが、少しずつでも進めていくしかありません。

 

では。

-

目標設定面談期間スタート!

 

現在、期末テストまで3週間前になりました。

 

当塾のテスト前恒例の企画です。

 

私がテスト前の中学生、高校生に対して生徒一人一人と個別に面談をします。

 

名付けて「目標設定面談」。

 

長いタイトルですがそのままです。

 

まずは目標設定をしてもらいます。

 

先の中間テスト前にも行いました。

 

そして中間テストの結果が目標に達していたのか今回の面談でも確認いたします。

 

達成できたのはどうしてか?または達成できなかったのはどうしてか?

 

まずは前回の成果と反省を生徒から聞き出します。

 

 

そして本題の期末テストの目標順位または目標偏差値、目標合計点数を決めてもらいます。

 

その際、あまりに現実的でなかったりもうすでに達成している点数であれば修正させます。

 

目標は、その生徒があがいてもがけば何とか「達成できる」目標がベストです。

 

目標がないまま何となくテスト週間に入り、何となく日々の計画も立てずに勉強してもこれまでと同じ結果になるだけです。

 

少しでも前回より良い結果を出すためにどうすればいいのか?

 

まずは生徒に意見を言ってもらいます。

 

そしてその後に私から「こうしたらもっと良くなると思うよ」と考えを伝えます。

 

決して上から「こうしなさい!」とは言いません。

 

まずは自分で考えてもらいたいからです。

 

それでも無理そうなら私が目標設定の仕方、日々の学習計画の立て方、テキストの進め方など伝えます。

 

大切なのは「結果があまり変わっていない人」は「前回までにやっていない勉強方法を何か一つやってみる」です。

 

トライアンドエラーです。

 

あまりに効果がないものは別として例えば「教科書には蛍光ペンやマーカー類で線を引かない(引くではない)!」とかです。

 

他には「次の日にやる内容を前日の夜に15分くらい必死で考えて決める」などです。

 

何でもいいです。今まで全くやってこなかったことです。

 

それが結果として良い方向に出れば次回もそれをやればいいだけです。

 

そんなようなことを「目標設定面談」では伝えております。

 

中間テストの結果が返ってきたばかりの生徒もいますが、もう期末に向けてスタートする時期です!

 

では。

 

-

テスト対策実施中!!

 

本日、明日と中間テストのテスト対策授業(土日特訓)を実施しています。

 

 

今日は特にある時間帯に1対1(マンツーマン指導)になったので途中、英語のテスト範囲の教科書本文を音読し日本語訳を

言ってもらいました。

 

実際にやってみると案外、「・・・」という思う事があります。

 

It makes me proud of Japan.のような文の和訳に手こずっておりました。

 

確かにこれ。難しいのです。

 

直訳すると変な日本語になる(それが私に日本のことを誇りに思わせる。)ので

「そのことで私は日本に対して誇りを持つようになります(なりましたではない)。」

 

 

これも何か少し不自然な感じ。

 

因みにグーグル翻訳では単に「日本を誇りに思う。」だった。

 

最近の英語の学校のテストではあまり和訳は出ない傾向にあるがどうしてだろうかと思います。

 

先生の採点コストが上がるから?

 

採点基準を作るのが難しいから?

 

でもこういった文の和訳をさせるのが力を見るもっとも簡単な方法だと思うのですが。。。

 

うん。

 

私ならテストでこの文の和訳を生徒にさせたい。

 

日本語の力と英語の理解も試せるのでぜひ先生には出して欲しい。

 

私の頃には出ていたと思うのだけど記憶違いなのだろうか・・・

 

 

まあいい。

 

とにかく音読に日本語和訳。

 

これこそ生徒の今の英語力を試す絶好の方法だと確認できたのが良かった。

 

ただ、これは平均点以上取れる力がある生徒でないと相当に時間がかかることだけは確かなのであります。

 

塾生諸君!

 

テスト前日。お家で教科書本文を音読して和訳するだけで点数が数点は変わるからやってくれ!

 

頼む!

 

-

「自己紹介」

 

生徒が自習で

 

「今度、国語の授業で自己紹介スピーチがある。原稿用紙に下書きをするので教えて欲しい!」というので

 

色々とその生徒に授業の趣旨やスピーチ時間などをヒヤリングしました。

 

どうやら

ー分の好きなこと、ものについて

△修譴鮃イになった理由やきっかけ

まとめ

ということでした。

 

入試の面接であれば自己PRでは自分の長所をアピールするのですが、学校の授業となれば話は違います。

 

その先生が何を目的にしているかですが、

 

私は

,泙裟古未どういう人間であるのかを知りたい

△修靴道惻┐靴親睛討鳳茲辰届世鯏験できているか

3Г分かるような声を出してスピーチができるのか

を知りたいのではと考えました。

 

なのでその先生の意図をまず想定して下書きを書くように指導しました。

 

こういった授業では先生がまず何を求めているのかを考えて、その線から大きく踏み外さないようにしないといけないと

思います。

 

 

 

-

明日のB日程入試の前に

 

さあ、明日が愛知県公立高校の入試です。

 

 

本日は塾生に対して面接の練習をしました。

 

 

面接は明後日なので明日の学力検査で自分の力を最大限出せるように最後に注意することを書きますね。

 

 

 

  1. 家を出た瞬間から入試が終わるまで人の顔を見ない(意識して見ないようにする)。
  2. テストが始まる直前に深く深呼吸する。

  3. テストが始まったらまずは簡単な問題をやって気持ちを落ち着かせる。

  4. 難しい問題が出てきたら「皆も同様に焦っているはず」と落ち着かせる。

  5. 取らなくてはいけない問題(正答率の高い問題)は死に物狂いで食らいつく。

  6. 最後の最後まで粘った者が勝つのが試験。絶対に最後まで諦めない。

  7. 人生最高の集中力を見せる!というくらいの気持ちで試験に臨む(自分自身だけに向き合うということ)。

  8. 自分以上に努力した人などいない!と暗示をかける。

  9. 試験中に必ず訪れる焦る瞬間。そんな時にも落ち着いて「絶対に大丈夫」と目を閉じて数秒、自分を落ち着かせる。

  10. 「結局たかが試験。結果が出なくても死ぬわけでもないし・・・」と開き直る(それくらい精神的に強くなったと思い込む)。

 

 

まあ、こんなところでしょうか(きっちり10個というのに性格が出てます)

 

結局、試験は本当に力がある者は必ず合格します。

 

努力は絶対に裏切らない!と心底信じた者は合格します。

 

頑張れ!

 

全力で応援しています!

 

-

プラネタリウムイベント開催しました!

 

久しぶりの更新です。

 

昨日、愛知教育大学の天文愛好会の協力の下、プラネタリウムイベントを行いました。

 

まずは参加してくれた生徒と保護者の皆さま、ありがとうございました!

 

日曜日で足元が悪い中、よく来てくれました。

 

そして今回の企画の中心となってくれたあおぞら個別指導学院講師のT先生、またその愛好会メンバーのAさんありがとうございました。

 ------------------------

まずは机とパーテーションを外に出して会場を即席でつくります。

そして何をしたかと言いますと

 

まずは「4次元デジタル宇宙ビューワー」のMitakaを使用して金星や月食について解説しました。

 

参加した生徒らに逐一質問して答えてもらう授業形式の講義となりました。

 

いつもは個別指導なので手を挙げて答える事がない生徒たちが積極的に手を挙げてくれたことには正直感動しました。

 

意外な一面を垣間見る事ができました。

 

Mitakaだけでは分かりにくい事がらについてはホワイトボードを利用して解説するなど工夫をしました。

 

Mitakaは正直かなりリアルに宇宙空間を体感することができます。

 

オキュラスリフトで体験できたら最高なんだろうな〜と思っていました。

(オキュラスリフトをそもそもやったことないのですが)

 

そして地軸の歳差運動や金星の公転軌道に対して接戦を引いた位置に金星があるとどういう見え方をするのかを見てもらいました。

 

5000年後や1万年後の宇宙を知れるなんて本当にこのソフト、すごいんです。

 ------------------------

 

 

次に自作プラネタリウムを教室いっぱいに設置しての観賞会です。

 

教室内にサーキュレーターで空気を入れた大きな自家製のビニールテントを作りました!

圧巻です!

 

イベント一番の盛り上がりを見せました!

「誰かまず入れ!」

 

「いやまずはお前やろ〜!」など鉄板です。

生徒がいるのに教室内の電気を全て消すなど初めてです。

 

そしてプラネタリウム内ではまた星座や宇宙の神秘についての熱い解説が始まりました。

 

生徒らは真剣な眼差し(暗くてあまり分かりませんでしたが)で聞き入っておりました。

 

 

今回のイベントは受験生にとって勉強にもなる上、宇宙について一般的な興味を持ってもらえたらという想いで開催しました。

 

その目的が達成できたかは分かりませんが、いつの日か今日のことを思い出してもらって宇宙のことを考えたり本を読んでもらえたら

と思います。

 

それでは。