-

保護者からのあるご相談(英語編)

 

本日、保護者から一本の電話がありました。

 

それは「英語の塾の日になると行きたがらない・・・」という内容のお電話でした。

 

「そういうことであればもうこの際、根本的なことからやり直しましょう!」

 

「ちょうど学年末テストも終わったところです。」

 

「この機会しか逆にありません。」

 

「まずはアルファベット。もっと遡ってローマ字からやりましょう!」

 

 

で、早速今日、その生徒が来ました。

 

かくかくしかじか・・・

 

「なので今日はローマ字を一緒に練習しよう。。。」

 

「その前に英語ができないという呪縛から自分を解放しよう。。。」

 

「できないと思い込んでいるとますますできなくなるよ。。。」

 

そういう話を15分くらいしました。

 

するとその生徒は涙を流しているのです。

 

久しぶりに焦りました。私は決して怒ったような口ぶりもしておりませんし、その生徒を非難するような

ことも言っていません。

 

ただただ自分が普段思っていることを一つ一つ丁寧に分かりやすくたとえ話などを交えて説明していただけです。

 

ハートは熱くてもこういう場合は熱い語り口で語ってもダメだというのはもう分かっております。

 

熱く語れば語るほど生徒は引いていきます。

 

はい。必ず。

 

ですから今日は自分もゆっくりと訥々と語りました。

 

 

そしたら涙を出して言うのです。

 

「はい。それは分かっています。。。」

 

「分かっているけど覚えられないのです。。。」

 

「それはつらいよね。」

 

「学校の授業もつらいよね。」

 

最初の55分はいつもと同様とてもつらそうにローマ字を写していました。

 

しかしその内に自分で発音をしだしてノートに自分で線などを引きながら工夫して覚えようとしていたのです!

 

「よし!」内心でガッツポーズです。

 

後半の55分はいつになく集中して取り組めていました。

 

ほんのほんの少しでも英語への扉を開くきっかけになっていることを祈るばかりです。

 

今日は久しぶりに元気をもらえる涙(生徒にとってはつらい涙です)を頂きました。

 

ありがとう!

 

-

インフルエンザ対策に

 

→ 「あおぞら個別指導学院のホームページ 


生徒の中にもまたインフルエンザで休む生徒がちらほらでてきました。

 

塾では入り口にライオンの「ハンドミスト」を用意しています。

 

まずは塾に入ったら皆「ハンドミスト」をしよう!

 

そして家に帰ったら手荒い、うがいを必ずしよう!

 

テスト直前です。

 

こんな大切なときにインフルエンザに罹ってしまったら学校に行く事ができなくなります。

 

まずは徹底的な自己管理から、ですね。

 

-

私立高校、合格おめでとう!

→ 「あおぞら個別指導学院のホームページ 

 

昨日から私立高校入試の結果が出てきました!

 

まだ全員ではありませんが今の所、結果は全て合格です!

 

おめでとう!

 

そこで気になるのが保護者の反応です。

 

つい「お母さんは喜んでた?」と聞いてしまいます。

 

「叫んでた!」と。

 

叫ぶほど嬉しいのか〜。

 

それを聞いてこちらも嬉しくなる今日の午後でした。

 

ではでは。

-

中3必勝入試合格特訓ゼミ+「モーニングセミナー」!

 

 

 

 

今日は午前から13時まで受験生対策にプラスして定期テスト対策の「モーニングセミナー」を開催しました。

 

中3生は私立高校の入試が終わり、ほっとしている所でしょう。

 

ただ、公立高校入試まで30日を切りました。

 

一息ついている暇はありません。

 

塾で勉強したから「もういいや」ではなく自宅でも頑張ろう!

 

-

あと1日、私立入試を突っ走れ!

→ 「あおぞら個別指導学院のホームページ 

 

今日も受験生の皆さん、お疲れ様でした!

 

生徒らに聞くと「選択式だからできました〜!」とか

 

「全て埋めました〜!」など様々です。

 

「全て埋めたからできているとは限らんぞ〜」と返しましたが。。。

 

まあできた気がしたのでしょう。

 

出来てないかも・・・と暗くなるよりはましです。

 

 

明日も入試がある君たち!

 

昨日も言ったけど「まずはルーティンワークを忘れずに!」

 

 

時間を意識して5分前には見直しをする。

 

これが普段通りにできるかどうかだよ!

 

頑張ってこい!

 

 

-

私立高校入試スタート、頑張れ!

 

今日から私立高校入試が始まりました。

 

生徒に伝えていることは「過去問をやる際にきめた約束事を実際の試験でも貫く」です。

 

例えば数学の試験だと「残り5〜10分の見直し」です。

 

10分はきついかもしれませんが5分は見直ししたいです。

 

最初の計算問題で思わぬミスしていた場合、それが致命傷になりかねません。

 

普段、授業で指導している「約束事」を試験会場でも徹頭徹尾貫く。

 

たとえ残り5分で到達できていない問題が数問あろうとも。

 

気持ちが痛いほど分かる!

 

分かるよ〜。

 

残りの時間で見直すか、はたまた残りの問題をやるのか。

 

ここで試されます。

 

意志の強さが。

 

私は生徒らに「それでも見直しをすべし!」と伝えいます。

 

頑張れ!

 

明日も最高の結果を出してきてくれ!