-

目標設定面談


5/6〜5/18日にかけて塾では「目標設定面談」を塾生を対象に行います。

今年度初めてのテスト。

これがいかに大切な試験であることを分かりやすく語りかける予定でいます。

なぜ大切なんでしょう?

,泙沙邯海2学期に比べて簡単であること

つまり点数が取りやすいという点。

△海海芭匹し覯未出せれば期末テストも気持ちよく準備できるということ

中間テストが良くないと次の期末に変なプレッシャーが発生します。

初めての先生であればファーストインプレッション(第一印象)を与えられるということ

ここで「できる生徒!」との印象を与えられれば一年を通してそのイメージを持ってくれます。

次の中間テストが全てであとの定期テストはどうでもいいとは言いません。

そんなはずありません。

ただ最初の試験はまだ「関係ない」と考えるのはやめてほしいと思うのです。

それを生徒にはひとり一人丁寧に説明し、各自の目標を設定してもらおうと思います。

目標がしっかり定まればそのために何をいつまでにしなくてはならないのかが決まります。

逆に目標がなければ何から手を付ければいいのか決まらないと思うのです。

ですから目標設定なくしてテスト勉強はないと考えるのです。

まずは目標設定です。

そのためには生徒との個別の面談が重要となるのです。

では。
-

理科・社会の学習方法


今日は中学1年生の生徒に対して理科・社会の学習方法を説明しました。

テストまで残り3週間程度になりました。

特に1年生は初めての定期テストなのでここでしっかり指導しないといけません。


当塾では設立当時から一貫して変わらない指導方針があります。

大上段に構えて言うのも恥ずかしいですが、

「教科書を隅から隅まで読む」です(あ〜恥ずかしい)。

特にこれは理科・社会です。


先生によってはプリント中心に授業を進めるようですが
生徒の自宅学習においては教科書をまず基本に進めていくように指導します。

それも読み方から丁寧に指導します。

読み方?

はい。これも新中学1年生には常識が通用しません。

本文だけ読めばいいと思っている生徒が多いのです。

もっと言えば教科書なんて読むの?という生徒もいます。


私はそういった生徒に対して諭します。

「教科書に全て書かれているよ」と。

まずはこれからテストまで中学1年生を中心に教科書に読み方を徹底的に指導します。

これさえできればワーク、テキスト類などほとんど必要ありません
(理科の物理分野や化学分野は別です)。

それでは。
-

新しい友達


新学期が始まりましたね。

わくわくする時期です。

新しい友達に出会うこの季節。

どんどん自分を開いて新しい世界へと

足を踏み出してください。

では。
-

入学式を迎える君へ。


ついに入学式ですね。

晴れ舞台です。

一生に一度だけの日です。

しっかりと心に刻んでくださいね。

では。
-

2016年の新年度を迎えて。


もう5日ですが。

55分の授業がスタートして今日で3日がたちました。

申し遅れました。

あおぞら個別指導学院は今年度4月から大きく変わりました!(高らかに宣言)


まず、一授業がこれまでの90分から55分に縮小です。

これは単に生徒からすれば「ラッキー!」ですが、

そうは問屋がおろさないのが今年のあおぞら個別です。


英数は55分授業を2回うけてもらいます。

ですから計110分です。

これだけの長時間指導する個別指導を私は知りません。

あったら教えてください。

もう一つ。

授業の開始に担当の講師から生徒に対して「姿勢を正して!礼!お願いします!」

と「授業開始の挨拶」をするというちょっとスケールの小さい改革です。

これは
々峪佞生徒に対して「あなたを指導するのは私です」と宣言し

△海琉Щ△両譴砲い覆だ古未蓮崔拗錣世茵廚箸呂辰りと分からせる
(一斉授業では当たり前でも個別では遅刻が見逃されやすいのです)

生徒にも「お願いします」と発声してもらうことで「やるぞ!」と気持ちを引き締める

ことを狙っております。

で、生徒も最初は戸惑っておりましたが少しずつ声も出てきました。

まずはこの挨拶を生徒も当たり前のものとして定着させたいと思うのであります。

それでは。
 
-

面接対策講座!


受験生の皆、ついに公立高校入試が終わりましたね!

お疲れ様でした。

とはいえ明日の面接試験が残っています。

まだまだ気を抜いてはいけませんね。

今日も明日の面接試験を控えた生徒に一人一人面接対策講座を開講しました。

まだまだ面接に慣れていない生徒、どこで覚えたのか面接慣れした生徒などなど様々です。

私が強調したのは面接では用意した答えを淀みなく答えることがすばらしいことではないよということです。

あとは普段どういうことを考えている子であるのかが分かる質問として

「さかのぼって半年間、最も関心があったことは?」という質問があると思っています。

最近気になるニュースではないです。

この半年間です。

生徒らがぱっと思い付きそうなのが「ゲーム」「タレント」「マンガ」・・・ではないでしょうか。

普段の問題意識が露呈する質問。

でも自分が中学生だったら・・・何だろう?

確かにハードルが高そうです(自分で言っておいて面目ない・・・)。

でも私が面接官なら一番聞いてみたい質問です(間違いないです)。

そのことを生徒には伝えました。

明日、面接官の皆様。

お願いします・・・。